埼玉県所沢市:武蔵野三十三観音霊場第十三番札所:山口観音金乗院のご朱印

武蔵野七福神・布袋尊:山口観音金乗院(こんじょういん)

西武ドーム最寄り

西武ドームから歩いてすぐのところに、
山口観音として古くから信仰されている金乗院があります。

由緒

その昔、行基が当地に巡錫したとき、光り輝く木に千手観音感得しました。
その姿を霊木に刻んで安置しました。

弘法大師湯殿山に向かう途中に当地に訪れた時、
白髪の老翁から行基作の観音について告げられ、
弘仁年間(810年~824年)堂宇を建立しました。

本堂

現在の本堂宝暦年間(1751年~1764年)に建立されました。
軒にぶら下がる鐘高麗王の梵鐘と呼ばれています。

御本尊千手観音三十三年に一度だけ御開帳されます。

裏観音の由来

本堂裏側からも拝観できるようになっています。

武蔵野三十三観音霊場

武蔵野三十三観音霊場

武蔵野観音霊場昭和十五年郷土史家柴田常恵氏発願で、
番外を含めた三十四箇所の寺院を選定し、結成されました。
西武池袋線沿線に点在している霊場です。
石神井から所沢飯能方面に分布しています。

武蔵野三十三観音霊場:御朱印帳

専用納経帖でご朱印を頂くことができます。

武蔵野七福神

武蔵野七福神

浄心寺(毘沙門天)観音寺(寿老人)、長泉寺(大黒天)円泉寺(福禄寿)
山口観音金乗院(布袋尊)円照寺(弁財天)飯能恵比寿神社(恵比寿)

武蔵野七福神飯能市所沢市入間市にかけて、
六つの寺院一つの神社で構成される埼玉県で最も古い七福神札所です。
昭和六年発足しました。

開山堂・武蔵野七福神堂

武蔵野七福神布袋尊は、
慶長年間(1596年~1610年)唐の僧侶により招聘されたといわれています。

お堂は昭和五十五年に中国より資材を取り寄せて建立されました。

武蔵野七福神・布袋尊:由緒

ぽっくりさん

開山堂隣にぽっくりさんがあります。
寛政五年(1793年)高野山引導地蔵を招聘しました。

仁王門

貞治年間(1362年~1368年)建立されました。

霊馬堂

新田義貞公霊馬を祀っています。

新田義貞公誓の桜

新田義貞公の鎌倉攻めの際の誓いの桜もあります。

大日堂

平成十一年(1999年)に本尊大日如来堂が建立されました。

大日堂前の池の水は、
弘法大師閼伽水(あかすい:仏前に供養される水)として使われました。

水子供養地蔵尊

昭和五十二年より供養が始まりました。

八体尊守護仏

奥の院五重塔

平成十一年に落慶されました。

五重塔の隣に西国三十三霊場四国八十八霊場巡りができる、
仏国窟があります。

西向釈迦堂

奥の院門を出て道路沿いを少し歩くと西向釈迦堂があります。

鐘楼堂:六時の鐘

鐘楼堂安永二年に建立されました。
鐘は太平洋戦争末期に供出されましたが、昭和四十九年に再び鋳造されました。

閻魔堂

享保年間(1716年~1735年)に建立されました。

本坊

こちらでご朱印が頂けます。

ご朱印を待つ間に鳥が水を飲みにきていました。

増上寺の燈籠

増上寺霊廟燈籠寄贈されていました。

惇信院(じゅんしんいん)』とは江戸幕府九代将軍徳川家重のことです。

文昭院』とは江戸幕府六代将軍徳川家宣のことです。

狭山不動尊不動寺にも増上寺霊廟の燈籠があります。

増上寺徳川家霊廟の記事はこちらです。

山口観音金乗院のご朱印

平成二十八年拝受:武蔵野三十三観音霊場第十三番札所:ご朱印

令和四年拝受:千手観世音:ご朱印

武蔵野七福神・布袋尊:ご朱印

おく

奥の院五重塔:限定ご朱印

寺院情報

  • 住所:埼玉県所沢市上山口2203
  • アクセス:西武狭山線西武球場前駅徒歩7分

狭山不動尊不動寺の前にあるゲートが目印です。

ご覧頂きましてありがとうございます。